第38回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム

38th Annual Meeting of Japanese Narcotics Research Conference

プログラム▷ ページを更新する

PDFダウンロード

教育講演

演者

岸岡 史郎(和歌山県立医科大学医学部薬理学講座)

演題

末梢を作用点とした神経障害性疼痛治療薬の可能性

座長

徳山 尚吾(神戸学院大学薬学部臨床薬学研究室)

特別講演 1

演者

山口 重樹(獨協医科大学医学部麻酔科学講座)

演題

オピオイド鎮痛薬の適正使用~世界の潮流~

座長

古屋敷 智之(神戸大学大学院医学研究科薬理学分野)

特別講演 2

演者

井上 和秀(九州大学本部)

演題

神経障害性疼痛発症に関与するミクログリアの最新情報

座長

成田 年(星薬科大学薬理学教室)

シンポジウム 1

テーマ

臨床現場における痛み治療の現状と未来

オーガナイザー

中川 貴之(京都大学医学部附属病院薬剤部)

北村 佳久(岡山大学病院薬剤部)

シンポジスト

北村 佳久(岡山大学病院薬剤部)

上島 悦子(大阪大学大学院薬学研究科附属実践薬学教育研究センター病院薬学教育研究部)

植沢 芳広(明治薬科大学臨床薬剤学研究室)

田上 恵太(東北大学大学院医学系研究科緩和医療学分野)

山代 亜紀子(京都府立医科大学疼痛・緩和医療学教室)

シンポジウム 2

テーマ

海外で活躍する研究者からの発信

オーガナイザー

斉藤顕宣(東京理科大学薬学部薬理学研究室

中本賀寿夫(神戸学院大学薬学部臨床薬学研究室)

シンポジスト

小澤 彰彦(Torrey Pines Institute for Molecular Studies)

野崎 千尋(Institute of Molecular Psychiatry, University of Bonn)

牧野 綾子(Department of Physiology and Medicine, University of Arizona)

シンポジウム 3

テーマ

痛み・痒み研究の最前線

オーガナイザー

栗原 崇(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科生体情報薬理学分野)

田辺 光男(北里大学薬学部薬理学教室)

シンポジスト

渡辺 俊(北里大学薬学部薬理学教室)

木口 倫一(和歌山県立医科大学医学部薬理学講座)

歌 大介(富山大学大学院医学薬学教育部(薬学系)応用薬理学研究室)

栗原 崇(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科生体情報薬理学分野)

一般講演予定発表数10-12演題:口頭発表

一般講演募集期間:2018年5月7日(月)~ 7月9日(月)

一般講演1 座長:井手 聡一郎(東京都医学総合研究所依存性薬物プロジェクト)

一般講演2 座長:木口 倫一(和歌山県立医科大学医学部薬理学講座)

ランチョンセミナー

共催:塩野義製薬

開催会場

神戸学院大学
ポートアイランドキャンパス

〒650-8586
神戸市中央区港島1-1-3

事務局

第38回鎮痛薬・オピオイド
ペプチドシンポジウム事務局

神戸学院大学薬学部
臨床薬学研究室内

原田 慎一
〒650-8586
神戸市中央区港島1-1-3
TEL:078-974-1551(代)
E-mail:
jnrc2018@pharm.kobegakuin.ac.jp

▲ TOP